Reuters logo
東南アジア株式=クアラルンプールが3週間ぶり高値、タイは下落
2013年10月16日 / 12:20 / 4年後

東南アジア株式=クアラルンプールが3週間ぶり高値、タイは下落

[バンコク 16日 ロイター] - 16日の東南アジア株式市場では、クアラルンプール市場の総合株価指数.KLSEが前日終値比0.37%高の1791.37と3週間ぶり高値で終了。一方、他の市場は、薄商いの中、小幅高で引けた。市場では、米国の財政問題の解決待ちの姿勢が強い。

東南アジア全域を通じて商いが低迷する中、クアラルンプール市場のRHBキャピタル(RHBC.KL)など出遅れ株に買いが入った。

マレーシア証取によると、国内機関投資家は差し引き1億1200万リンギの買い越しとなり、7営業日連続売り越しの外国人投資家の売りは相殺された。

下落した中では、バンコク市場のSET指数.SETIが0.58安の1464.38。ジャカルタ市場の総合株価指数.JKSEが、0.61%安の4492.26。サイアム商業銀行(SCB.BK)やテレコムニカシ・インドネシア(TLKM.JK)など最近上昇の目立った大型株が売られた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below