October 17, 2013 / 7:23 AM / in 6 years

570キロの「隕石の破片」、ロシアの湖底から回収

10月16日、今年2月に隕石が落下・爆発したロシア中部ウラル地方チェリャビンスク州で、約570キロの隕石の破片が湖の底から引き上げられた(2013年 ロイター/Anton Melnikov)

[チェリャビンスク(ロシア) 16日 ロイター] - 今年2月に隕石が落下・爆発したロシア中部ウラル地方チェリャビンスク州で、これまで発見された中で最大の重さとなる約570キロの隕石の破片が、チェバルクリ湖の底から引き上げられた。チェリャビンスク大学の調査チームが16日、明らかにした。

同調査チームは外見の特徴から2月に落下した隕石の一部とみられるとし、さらに詳しく調査を行うとしている。重量計が計量中に壊れてしまい、正確な重さは不明だという。

この隕石の破片を水深約13メートルの湖底から引き上げるため、数週間かけて準備を行い、地方予算から300万ルーブル(約920万円)が投じられたという。

2月に発生した隕石落下・爆発では、約1200人が負傷し、約3300万ドル(約32億5000万円)相当の被害をもたらした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below