October 24, 2013 / 9:18 PM / in 6 years

ツイッターは来月7日にも上場へ、時価総額は最大109億ドルに

[サンフランシスコ 24日 ロイター] - 米短文投稿サイト運営大手ツイッターIPO-TWTR.Nは24日、新規株式公開(IPO)で7000万株を売却する方針を示した。公開価格は1株当たり17―20ドルとした。

10月24日、米短文投稿サイト運営大手ツイッターは、新規株式公開(IPO)で7000万株を発行する方針を示した。写真はワルシャワで9月撮影(2013年 ロイター/Kacper Pempel)

公開価格に基づく時価総額は最大109億ドルで、アナリストの一部で予想されていた150億ドルを下回った。IPO実施後の発行済み普通株式は、5億4469万6816株になるとしている。

同社が同日提出した修正版の目論見書によると、IPOによる調達額は引受幹事会社が1050万株のオーバーアロットメントを行使すれば、最大16億ドルになる見通し。

ロイターが確認した資料によると、11月6日に公開価格が決定する見込みで、早ければ同月7日にも上場する可能性がある。

事情に詳しい関係筋によると、ツイッターと引受幹事会社は10月28日から2週間にわたって投資家説明会を行う。

企業調査会社PrivCoのSam Hamadeh氏はツイッターの公開価格について、「保守的であり、ロードショーが始まれば少なくとも1回は引き上げられることになりそうだ」と指摘。「IPO規模もやや小さい」としつつ、「しかし投資家の需要をいったん測れば価格の引き上げは1回にとどめるかもしれない。価格と規模の両方を引き上げたのはフェイスブック(FB.O)の致命的なミスだった」と述べた。

フェイスブックは2012年5月に上場を果たしたものの、株価は上場後、公開価格を下回った。ツイッターは、ネット企業のIPOとしてはフェイスブック以来最も大きな注目を集めている。

約2億3000万人のアクティブユーザーを抱えるツイッターは、ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル「TWTR」で上場する方針を示している。

同社の第3・四半期売上高は1億6860万ドル、純損益は6460万ドルの赤字となっている。

*内容をさらに追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below