October 27, 2013 / 10:24 PM / 6 years ago

仏アレバ、モンゴルのウラン鉱山開発で合意文書に調印

[パリ 26日 ロイター] -仏原子力大手アレバAREVA.PAは26日、モンゴルのウラン鉱山開発に関する合意文書に調印したと発表した。三菱商事(8058.T)もこの出資に参加する。

アレバによると、同社が設立する新会社の株式34%をモンゴル側が取得する。アレバはドルノゴビ県の2鉱区に6万トンのウランが埋蔵されていると推計している。

アレバはウラン資源の開発を主にカザフスタン、ニジェール、カナダで行ってきた。アレバが供給するウラン資源のうち3分の1以上がニジェール産だが、北部で進める10年の開発契約が年末に期限を迎える。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below