October 31, 2013 / 5:13 AM / 6 years ago

米NSAがグーグルなどの国際通信網傍受、月1.8億件=報道

10月30日、米紙ワシントン・ポストは、米国家安全保障局がグーグルとヤフーの国際通信網に直接侵入していたと報じた。写真はメリーランド州フォートミードの国家安全保障局本部。同局提供(2013年 ロイター)

[サンフランシスコ 30日 ロイター] -米紙ワシントン・ポストの30日の報道によると、米国家安全保障局(NSA)は、インターネット検索大手の米グーグル(GOOG.O)とヤフーYHOO.Oが世界中のデータセンター間での電子メールや他のユーザー情報の同期化に利用している通信回線網に直接侵入していた。

同紙は、スノーデン元NSA契約局員が暴露した文書を基に報じた。

NSAは裁判所命令が必要な米国内でのデータ収集活動と比べ、自由度の高い海外で米主要企業のデータを傍受しているとみられる。

グーグルのデビッド・ドラモンド最高法務責任者(CLO)は「政府がわれわれのファイバー回線網からもデータを傍受しているとみられることに怒りを覚える。早急な改革が必要であることが如実に示されている」と語った。

今回報じられた監視プログラムは英情報機関の政府通信本部(GCHQ)と共同で運営されており、最近、特定の30日間に1億8100万件のデータが収集されていたという。米国の住民からのデータがどの程度含まれているかや、NSAがこのうちのどの程度の情報を保持しているかなどは不明。

ヤフーの広報担当者は「われわれはデータセンターのセキュリティー保護のため、厳しい管理を行っている。NSAや他のいずれの政府機関にもデータセンターへのアクセスは認めていない」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below