Reuters logo
欧州委、EURIBOR不正操作めぐり6行に罰金を検討=関係筋
2013年11月5日 / 18:47 / 4年後

欧州委、EURIBOR不正操作めぐり6行に罰金を検討=関係筋

[ブリュッセル 5日 ロイター] -欧州連合(EU)執行機関である欧州委員会は、欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の不正操作疑惑をめぐり、米JPモルガン・チェース(JPM.N)やドイツ銀行(DBKGn.DE)などを含む世界の大手銀6行に対し罰金を科す方向で調整している。関係筋が5日、明らかにした。

他の4行は、英HSBC(HSBA.L)、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)、仏クレディ・アグリコル(CAGR.PA)、仏ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)(SOGN.PA)。

英バークレイズ(BARC.L)は不正操作疑惑を当局に通報したため、罰金は免れる。

関係筋はまた、一部の銀行は罰金の10%削減を見返りに欧州委と和解したことも明らかにした。

欧州委は過去2年間にわたりEURIBORの不正操作問題を調査。今回検討されている罰金はEU当局による初めての懲罰となる。

当局は来月、EURIBORの不正操作をめぐる罰金を正式に通達する見通し。その際、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の不正操作疑惑をめぐる罰金も発表される可能性がある。

欧州委の報道官はコメントを控えた。

EUは独占禁止法に違反した企業に対し、世界全体の収益の最大10%にあたる罰金を科すことができる。関係筋は今回の件では罰金の比率はそれほど高くならないとの見方を示しているが、対象となっている6行はすべて年間収入が少なくとも160億ユーロに達しているため、たとえ1%に設定されたとしても、多額の罰金が科せられることになる。

LIBORやEURIBORなどの指標金利の不正操作をめぐっては、すでに英米当局がRBSやバークレイズを含む5行に対し総額37億ドルの罰金を科している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below