November 7, 2013 / 3:12 AM / 5 years ago

サンテック、登記地ケイマン諸島で清算申請

[6日 ロイター] -中国の太陽光パネルメーカー、サンテック・パワー・ホールディングス(尚徳太陽能電力)STP.Nは6日、登記地であるケイマン諸島の裁判所に暫定清算を申請したと明らかにした。

太陽光パネルの供給過剰を受けて急激な価格下落が数年続くなか、多くのメーカーが生産を停止、世界最大手だった同社も経営難に陥っていた。

6日のニューヨーク株式市場で、同社の株価は一時23%下落した後、16.0%安の1.26ドルで引けた。レイモンド・ジェームズのアナリスト、ライアン・バーニー氏は「これでサンテックは終わりだろう」と語った。

サンテックは、国外での破産を米裁判所でも認めるよう米連邦破産法第15条の適用申請を検討することも明らかにした。これにより債権者から資産を保全しながら手続きを進めることが可能となる。

米国のサンテック債権者は10月、連邦破産法第7条による同社の強制破産を申し立てた。しかしサンテックはこれに異議をとなえる方針を表明していた。第7条の破産手続きでは、選任された管財人が債権者への返済資金のための資産売却にあたる。

法律事務所アレン・アンド・オブリーのパートナー、ケン・コールマン氏は、サンテックは「ケイマン諸島の暫定清算、米国での第15条適用申請により、強制破産手続きを断念させるのが狙いだろう」と述べた。コールマン氏はサンテックの事案には関与していない。

順風光電国際(シュンフェン・フォトボルテック・インターナショナル)(1165.HK)は先週、サンテック子会社の無錫サンテックを4億9200万ドルで買収することに合意。主要な生産部門を売却したサンテックに残る資産は少ない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below