December 11, 2013 / 2:57 AM / 6 years ago

軽自動車税を年1万0800円に引き上げ、15年4月以降の新車が対象

12月11日、自民党税制調査会は軽自動車税について、15年4月以降の新車に限定して現行の年7200円から1.5倍となる年1万0800円に引き上げる方針を固めた。2009年8月撮影(2013年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 11日 ロイター] - 自民党税制調査会は11日午前の幹部会で、来年度税制改正の焦点の一つである車体課税見直しについて協議し、自動車取得税の軽減措置にともなう代替財源として検討されてきた軽自動車税について、15年4月以降の新車に限定して現行の年7200円から1.5倍となる年1万0800円に引き上げる方針を固めた。

自動車取得税については、消費税を8%に上げた段階の軽減措置として普通車は現行の5%から3%に引き下げ、軽自動車は現行の3%から2%に引き下げる。

税調幹部が明らかにした。午後の税調小委員会に諮って正式決定する。

公明党幹部によると、公明党も午前の税調幹部会で同案を了承。自民・公明両党が大筋合意した。

(吉川裕子)

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below