for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英国が華為技術施設の監視強化へ、英諜報機関も関与

12月17日、キャメロン英首相は、華為技術のサイバーセキュリティー施設について、監視を強化する必要があるとの調査結果を明らかにした。ロンドンで6月撮影(2013年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 17日 ロイター] -キャメロン英首相は17日、同国南部にある中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)HWT.ULのサイバーセキュリティー施設について、監視を強化する必要があるとの調査結果を明らかにした。

華為技術は2010年、イングランド南部のオックスフォードシャーにセキュリティーセンターを設立。英政府は今年7月、同施設に関する安全保障上の対策を見直すよう指示していた。

キャメロン首相は議会宛ての書面で、華為技術の監視を強化するとともに、同施設における今後の上級職任命については、英諜報機関の政府通信本部(GCHQ)が中心的役割を果たすべきとの提言を国家安全保障アドバイザーから受けたと説明している。

華為技術は今回の調査結果について、同社が効果的に事業運営を行っていることを示しているとして歓迎する意向を示し、提言内容についても支持する考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up