December 18, 2013 / 3:32 AM / 5 years ago

「世界終末の日」で話題の米キリスト教徒、92歳で死去

12月17日、2011年に「世界の終末の日」が訪れると予言してメディアの注目を集めた米国のキリスト教徒ハロルド・キャンピング氏が15日に死去していたことが分かった。92歳だった。写真は映像から。カリフォルニア州で撮影(2013年 ロイター/ロイターTV)

[ロサンゼルス 17日 ロイター] -2011年に「世界の終末の日」が訪れると予言してメディアの注目を集めた米国のキリスト教徒ハロルド・キャンピング氏が15日に死去していたことが分かった。92歳だった。

キャンピング氏が主宰するラジオ局の広報によると、カリフォルニア州アラメダの自宅で、家族に見守られながら静かに息を引き取ったという。

キャンピング氏は、2011年5月21日が「世界の終末の日」になると予言し、カウントダウンなどの活動を展開。支持者らが全米約2200カ所に最後の審判の日に関する屋外広告を掲示するなど、米国で大きな騒動となった。

その後、同日に何も起こらなかったのは計算ミスだと釈明し、新たに10月21日を世界の終末の日と予言し直した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below