December 27, 2013 / 11:23 PM / in 6 years

トヨタがサウジで40万台超をリコール、急加速の恐れ

12月27日、トヨタ自動車は、意図せぬ急加速の恐れがあるためサウジアラビアで40万台以上をリコール(回収・無償修理)する。9月撮影(2013年 ロイター/Alexander Demianchuk)

[27日 ロイター] -トヨタ自動車(7203.T)は、意図せぬ急加速の恐れがあるためサウジアラビアで40万台以上をリコール(回収・無償修理)する。同社とサウジアラビア商工省が明らかにした。

2009年終盤から2011年初めにかけて世界で1900万台近くがリコールされた件と同じ不具合が原因となっている。

リコール対象車は、2005年から2011年モデルの「トヨタ」ブランド7車種と「レクサス」ブランド3車種。

商工省が今週発表した声明によると、トヨタと同社の現地代理店アブドゥル・ラティフ・ジャミールは回収した対象車にブレーキ・オーバーライド・システムを導入する。

意図せぬ加速を防ぐためブレーキ・オーバーライド・システムの導入を義務付けるのは米国に次いでサウジアラビアが2カ国目という。

トヨタは電子メールの声明で、トヨタ車とレクサス車はブレーキ・オーバーライド・システムを搭載していなくても安全だと強調。同システムの導入を求める商工省の強い要請に応じるとともに、顧客の不安を取り除くため、リコールに踏み切ったと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below