January 7, 2014 / 10:53 AM / 5 years ago

スペイン王女に裁判所が出廷命令、税金詐欺容疑などで

1月7日、スペインの裁判所は、フアン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女(写真)に対し、税金詐欺とマネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で出廷を命じた。写真は2009年9月、メキシコ市で撮影(2014年 ロイター/Daniel Aguilar)

[マドリード 7日 ロイター] -スペインの裁判所は7日、フアン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女に対し、税金詐欺とマネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で出廷を命じた。

バレアレス諸島を管轄する裁判所のホセ・カストロ予審判事が下した決定によると、クリスティーナ王女は3月8日に出廷を求められている。

王女の夫であるイニャキ・ウルダンガリン氏は既に、詐欺、脱税、文書偽造や慈善団体を通じた公金横領の容疑をかけられている。

王女とウルダンガリン氏はともに、不正行為はしていないと主張している。

今月5日発表の調査会社シグマ・ドスの世論調査によると、国民の83%以上が、王室がウルダンガリン氏の問題への対応を誤ったと考えており、フアン・カルロス国王が退位すべきだとする回答は過去最高の62%に達した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below