January 9, 2014 / 2:52 AM / in 7 years

米政府がISS運用を24年まで延長、民間宇宙企業にも朗報

1月8日、NASAは、国際宇宙ステーション(ISS)の運用を2024年まで4年間延長すると明らかにした。写真は24日撮影。NASA提供(2014年 ロイター)

[ワシントン 8日 ロイター] -米航空宇宙局(NASA)は8日、国際宇宙ステーション(ISS)の運用を2024年まで4年間延長すると明らかにした。オバマ政権による延長承認を受けたもの。

NASAが拠出するISSの運営費用は、年間約30億ドル(約3100億円)で、うち半分が宇宙飛行士や物資を輸送するのに充てられる。

NASAが火星有人探査計画を長期的目標としているが、今回の決定で同計画に必要な技術開発に、さらなる時間が与えられることになる。

ISSが少なくとも今後10年間運用されることについて、NASAの担当者は「商業(輸送)サービス会社にとっても、今後の見通しを変えるものになる」と歓迎した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below