January 10, 2014 / 4:37 AM / 6 years ago

NTTドコモが2年ぶり首位奪還、12月の携帯純増数

[東京 10日 ロイター] - 携帯電話大手3社が10日発表した2013年12月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数で、NTTドコモ(9437.T)が2年ぶりに月間首位を奪還した。

1月10日、携帯電話大手3社が10日発表した2013年12月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数で、NTTドコモが2年ぶりに月間首位を奪還した。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

13年の年間ベースではソフトバンク9984.t傘下のソフトバンクモバイルが6年連続で首位、KDDI9433.tは同じ番号のまま携帯電話会社を変えられる番号継続制(MNP)で首位を維持した。

ドコモが月間純増数で首位になったのは11年12月以来。ドコモは27万9100件となり、ソフトバンクの22万4300件、KDDI9433.tの22万2600件をそれぞれ5万件超、上回った。スマートフォン(スマホ)の売れ筋である米アップル(AAPL.O)の「iPhone(アイフォーン)」の「5s」と「5c」で在庫不足が解消したほか、12月に発売したソニー(6758.T)の「Xperia(エクスぺリア)Z1f」などアンドロイド端末の冬春モデルも販売が堅調だった。新規契約者の増加が寄与し、ドコモは3カ月連続で純増を維持した。

ただ、MNPによる転出入数では、ドコモは5万1000件の転出超過と59カ月連続のマイナスだった。今年度ではマイナス幅が最も小さくなったが、プラスに転じるまでには至らなかった。KDDIは4万3300件の転入超過で27カ月連続首位。ソフトバンクは9400件の転入超過だった。

<年間首位、純増がソフトバンク、MNPはKDDI>

2013年の年間ベースでの純増数は、ソフトバンクが343万7700件(12年は348万6700件)となり、6年連続で首位となった。KDDIは279万9700件(同251万9300件)、ドコモは119万4000件(同136万4000件)だった。

年間でのMNPは、KDDIが96万2100件の転入超過だった。同社の昨年実績は93万3000件で、MNPが通年で寄与した07年以降、携帯大手3社の中で過去最高を記録していたが、今回もそれを更新した。ソフトバンクは46万8200件(12年は39万3300件)の転入超過だった。

一方、ドコモは143万4000件(同131万3200件)の転出超過だった。「iPhone」の発売を開始した9月までの顧客流出が大きく響いた。同社はMNPが通年で寄与した07年以降、転出超過の状態が続いており、過去最大の流出となった。

(白木真紀 編集:山川薫)

*年間ベースでの内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below