January 22, 2014 / 7:17 AM / 6 years ago

北京が大気汚染対策、火力発電所などの新規建設禁止へ

[北京 22日 ロイター] -中国北京市が石油精製、鉄鋼やセメント工場、火力発電所の建設や増設の禁止を計画していることが、最新の政策文書で明らかになった。大気汚染対策が目的。

北京市の公式サイト上で22日に公表されたもので、地区の人民代表大会で先週承認された。同市は、汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」の排出量を今年5%削減することを表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below