January 27, 2014 / 9:58 PM / 6 years ago

米アップルの10─12月期決算、iPhone販売が予想下回る

[27日 ロイター] -米アップル(AAPL.O)が27日発表した第1・四半期(10─12月)決算は、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売が市場予想を下回ったほか、1─3月期の売上高見通しも市場予想を下回った。

1月27日、米アップルが発表した第1・四半期(10─12月)決算は、売上高が576億ドルとなった。サンフランシスコで撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

これを受け、同社株は時間外取引で6%急落している。

韓国のサムスン電子(005930.KS)との競争が激しさを増していることが浮き彫りとなった。

10─12月期の売上高は576億ドル。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめた市場予想は575億ドルだった。1株利益は14.50ドル。市場予想は14.07ドルだった。

iPhoneの販売台数は5100万台と、四半期としては過去最高を記録。ただ、市場予想の5500万台には届かなかった。

タブレット端末「iPad(アイパッド)」の販売台数は2600万台で市場予想と一致。四半期としては過去最高となった。

同社は1─3月期の売上高を420億─440億ドルと予想。市場予想の平均は460億ドルだった。

同社は先に、中国の携帯電話最大手、中国移動(0941.HK)とiPhone販売契約を結んでおり、アナリストは1─3月期の売上高が例年の水準を上回ると予想。同社との提携で2014年度のiPhone販売が1100万台以上上乗せされるとの見方が出ている。

モーニングスターのアナリスト、ブライアン・コレロ氏は「1─3月期は、中国移動でのiPhone販売が開始された時期に当たるため重要だ。このため自社予想が市場予想を下回ったことは厄介な兆候だ」と指摘。「10─12月期決算の内容は問題ないが、1─3月期の売上高自社予想が420億─440億ドルと、市場予想を大きく下回っていることは懸念材料だ。これはレンジ中間の水準で25%の減少となり、前年の20%減に続く落ち込みとなる。1─3月期の粗利益率見通しは良好だが、売上高が確実に不足していると思われる」と述べた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below