January 31, 2014 / 4:32 AM / 5 years ago

ボストン爆破事件、被告に死刑求刑へ=米司法長官

1月30日、米ボストン・マラソン連続爆破事件で、ホルダー司法長官は、実行犯とされるチェチェン系のジョハル・ツァルナエフ被告(写真)に対し、死刑を求刑すると発表。写真は米連邦捜査局(FBI)提供(2014年 ロイター)

[ワシントン/ボストン 30日 ロイター] -昨年4月に起きた米ボストン・マラソン連続爆破事件で、ホルダー司法長官は30日、実行犯とされるチェチェン系のジョハル・ツァルナエフ被告(20)に対し、死刑を求刑すると発表した。

ホルダー長官は声明を発表し、犯行の性質と爆破事件による被害を考慮したと説明した。被告は無罪を主張している。公判の日程は決まっていない。

爆破事件は昨年4月15日に発生。ツァルナエフ被告はマラソンのゴール付近で圧力鍋を使った爆弾を爆発させたとされている。この事件で、8歳の少年を含む3人が死亡し、264人が負傷した。

事件後、兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者と逃走。兄は警察との銃撃戦で死亡し、弟はマサチューセッツ州ウォータータウンの住宅でボートに隠れているのを発見され拘束された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below