Reuters logo
オスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマン死去、薬物過剰摂取か
February 2, 2014 / 10:37 PM / 4 years ago

オスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマン死去、薬物過剰摂取か

[ニューヨーク 2日 ロイター] -映画「カポーティ」でアカデミー主演男優賞を受賞した米俳優フィリップ・シーモア・ホフマンさん(46)が2日、ニューヨーク市のアパートで死亡しているのが見つかった。警察によると、薬物の過剰摂取が原因とみられている。

2月2日、米俳優フィリップ・シーモア・ホフマンさんが、ニューヨーク市のアパートで死亡しているのが見つかった。写真は2012年9月、ベネチア国際映画祭に出席したホフマンさん(2014年 ロイター/Max Rossi)

ニューヨーク市警によると、ホフマンさんは自宅のバスルームで意識がない状態で発見され、救急隊員が現地で死亡を確認した。

ニューヨーク・タイムズ紙が捜査関係者の話として報じたところでは、ホフマンさんは腕に注射器が刺さった状態で、覚せい剤とみられる薬物が入った封筒も見つかった。また、警察筋はロイターに、死因は薬物の過剰摂取とみられると明かした。

ニューヨーク州ロチェスター近郊に生まれたホフマンさんは、作家トルーマン・カポーティを描いた2005年の「カポーティ」でアカデミー賞の主演男優賞を獲得。また、2013年の「ザ・マスター」など3作品で同助演男優賞の候補にもなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below