February 5, 2014 / 7:24 AM / 6 years ago

ロイター為替コラム:ドル/円、新興国市場急落などで100円割れも

Neal Kimberley

2月4日、円安によって夢にまで見た日本の消費者物価の上昇が始まったが、ドル/円は日本の政策当局者にとって好ましくない円高ドル安方向に向かう構えを見せている。写真は昨年2月、都内で撮影(2014年 ロイター/Shohei Miyano)

[ロンドン 4日 ロイター] -円安によって夢にまで見た日本の消費者物価の上昇が始まったが、ドル/円は日本の政策当局者にとって好ましくない円高ドル安方向に向かう構えを見せている。内外の円買い要因が重なり合って、ドル/円が100円を下回る水準まで円高が進む事態もあり得る。

利回りを求める日本の投資家は、リターンを高めようと投資信託を通じて外債の購入を拡大してきた。ブラジル、南アフリカ、トルコ関連の投資信託がここ数年人気を集めたが、ことしは各国の通貨と新興国市場が全般的に下落に見舞われ、日本の投資家にとって手仕舞い売りを迫られる可能性が現実のものになりつつある。

ノムラは既に、日本の個人投資家が新興国市場から主要10カ国(G10)に資金シフトし始めたと指摘している。

これは先週トルコの中央銀行が深夜の緊急会合で政策金利を引き上げる以前のことだったが、通貨リラの下落を阻止しようとするトルコ中銀の試みは現時点では部分的な成功に終わっている。

日本の投資家が新興国通貨のロングポジションを一掃しようとする場合、ほぼ全てのケースで初期投資のために売った円を買い戻すことが必要になる。当然のことながら円需要は増大するので、円高の要因となる。

ドル側でみると、新興国市場の急落とまだら模様の米国の経済指標の発表を受けて米10国年債の利回りは低下している。米連邦準備理事会(FRB)が1月に毎月の債券買い入れ規模をさらに100億ドル縮小することを決めたにもかかわらずだ。

日本の投資家はおそらく、利回りが2.62%程度では米10年債を大量に抱え込もうとはしないだろう。

<日本の国内事情>

日本の国内事情に目を転じると、日銀が差し迫って追加の金融緩和策に踏み切るべき理由はほとんどない。昨年の大規模な量的・質的緩和策の導入以降、副次的な影響として為替の円安が進んだが、生鮮食料品を除くコアの全国消費者物価指数は既に上昇基調にある。

日銀の黒田東彦総裁は4月の消費税率引き上げの影響や新興市場のボラティリティの高まりによる予期せぬ悪影響に対して万が一の備えをしておく必要があろう。

また、トヨタ自動車(7203.T)のような大手メーカーは今年の賃上げに踏み切る見通しだが、日本の政策当局者はこの動きが中小企業に広がっていないことに留意すべきだ。

日本の労働者の毎月の平均賃金は10年前に比べて減少しており、トヨタに対しては国内6万人の従業員の賃上げに向け政治的な圧力が加わっていた。

ただ、トヨタがどれだけ国内のサプライヤーにコスト節減を求めて賃上げ原資をひねり出したとしても、日本経済全体でみれば総所得に与える影響は無視できるほど小さい。

11万2000人の雇用を抱える日本の自動車サプライチェーン業界では雇用者報酬を引き上げることは難しいからだ。

このように日本の春闘賃上げ交渉をめぐる不透明感が漂っていることも、日銀が一段の追加金融策を手控えている理由の一つだ。

円相場は来月中に対ドルで再び100円を突破する可能性がある。

*筆者はロイターの外国為替市場アナリストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below