Reuters logo
エネルギー基本計画の見直し議論、真剣にされるべき=麻生財務相
2014年2月12日 / 00:51 / 4年後

エネルギー基本計画の見直し議論、真剣にされるべき=麻生財務相

[東京 12日 ロイター] -麻生太郎財務相は12日の閣議後会見で、10日に発表された2013年の経常黒字が過去最少となったことに言及し「(日本のGDPに占める貿易収支は)貿易立国という数字の状況ではない」とした上で、「原油、液化天然ガス(LNG)の輸入増大で、貿易収支が過去最大の赤字になったことが主な原因」との認識を示した。

2月12日、麻生財務相は閣議後会見で、2013年の経常黒字が過去最少となったことに言及し、「原油、液化天然ガス(LNG)の輸入増大で、貿易収支が過去最大の赤字になったことが主な原因」との認識を示した。2012年12月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

それには円安や原発停止による原油・LNGなどのエネルギー輸入増が「大いに関係している」と分析し、「エネルギー基本計画の見直しなどの議論が今後、真剣になされていかなければいけない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below