February 17, 2014 / 12:11 AM / 5 years ago

英アカデミー賞、作品賞は「それでも夜は明ける」

2月16日、英国映画テレビ芸術アカデミー賞の授賞式がロンドンで行われ、「それでも夜は明ける」が作品賞を受賞した。写真はプロデューサーを務めたブラッド・ピット(右)とパートナーのアンジェリーナ・ジョリー(2014年 ロイター/Suzanne Plunkett)

[ロンドン 16日 ロイター] -英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式が16日にロンドンで行われ、作品賞は約12年にわたって奴隷としての人生を強要された実在の黒人男性が題材の「それでも夜は明ける」(日本公開3月7日)が受賞した。

ブラッド・ピットがプロデューサーを務めた同作品は、主役を演じた英俳優キウェテル・イジョフォーも主演男優賞を射止めた。パートナーのアンジェリーナ・ジョリーを伴って授賞式に出席したピットは、記者会見で「(作品は)われわれは皆同じであり、自由と尊厳がすべてであることを物語っている」と語った。

一方、11部門でノミネートされていた「ゼロ・グラビティ」は、作品賞は逃したものの最多6冠に輝いた。宇宙飛行士が宇宙空間に放り出される状況を描いた同作品は、アルフォンソ・キュアロン監督が監督賞を獲得したほか、撮影賞や最優秀英国映画賞などを受賞した。

主演女優賞は、ウディ・アレン監督作「ブルージャスミン」(同5月10日)のケイト・ブランシェット。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below