February 17, 2014 / 5:02 PM / 5 years ago

イタリア10年債利回りが8年ぶり低水準、新政権への期待などで

[ロンドン 17日 ロイター] -イタリア新政権への期待や、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが先週末、同国の格付け見通しを「安定的」に引き上げたことを受け、同国の10年債利回りが17日の取引で8年ぶりの低水準をつけた。

10年債利回りは7ベーシスポイント(bp)低下して3.61%と、2006年2月以来の低水準を記録した。

中道左派・民主党(PD)のレンツィ書記長(党首)が次期首相に就任すれば、域内他国に遅れをとる景気浮揚策が進むとの観測が追い風だ。

レンツィ氏がレッタ首相への辞任圧力を強めた先週以降、10年債利回りは20bp近く低下している。ドイツ連邦債との利回り格差は、3年ぶり低水準付近の192bp程度にまで縮小した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below