February 20, 2014 / 2:27 AM / 5 years ago

福島第1原発のタンクから100トンの高濃度汚染水漏れ=東電

2月20日、東京電力は福島第1原発の汚染水貯蔵タンクから約100トンの汚染水がタンクの堰(せき)の外側に漏れたと発表した。昨年11月に代表撮影(2014年 ロイター)

[東京 20日 ロイター] - 東京電力(9501.T)は20日、福島第1原発の汚染水貯蔵タンクから約100トンの汚染水がタンクの堰(せき)の外側に漏れたと発表した。

東電は、「近くに排水路がないことから海への流出はないと考えている」と説明。漏えいはすでに止まっているという。

堰の外側に漏れた汚染水から1リットル当たり2.3億ベクレルのベータ線を出す放射性物質(全ベータ)を検出した。東電の担当者は、「かなりの高濃度」と説明。東電は、漏えいした汚染水は現在回収中で、漏えい箇所の土壌回収作業を始めたという。

タンクからの100トンの汚染水漏れは、国際的な事故評価尺度における「レベル3(8段階中、下から4番目の影響度)」と評価された約300トンの漏えいに次ぐ量となる。今回漏れた汚染水の1リットル当たりの濃度は昨年8月のケースと同水準という。

新たに汚染水が漏れたのは、「H6」と呼ばれる場所に設置されている汚染水貯蔵タンク。19日午後11時25分ごろ、見回りをしていた協力会社作業員が、タンク上部から汚染水が漏れているのを発見。現場確認の結果、タンク上部天板部のフランジ部から雨どいを伝わって、堰外に漏れていることを確認したという。

東電の説明によると、今回のトラブルは汚染水の移送作業の過程で発生した。別のタンクに移送するはずだった汚染水が、漏えいが起きたタンクに誤って回り込み、溢れ出したという。東電は、配管の経路にある弁に故障が生じている可能性があるとして、今後調査を進めるとしている。

*漏えいの原因などを追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below