February 21, 2014 / 5:42 AM / 5 years ago

中国検察当局、漢龍集団の元主席らを殺人罪などで起訴=報道

[北京 20日 ロイター] -中国国営の新華社は20日、湖北省の検察当局が、豪鉄鉱石探査会社サンダンス・リソーシズ(SDL.AX)に買収を提案したこともある中国の複合企業、四川漢龍集団の劉漢・元主席らを殺人や銃密輸、強要などの罪で起訴した、と報じた。元主席は犯罪組織を率いていたとしている。

2月20日、中国国営の新華社によると、湖北省の検察当局は四川漢龍集団の劉漢・元主席(写真)らを殺人や銃密輸、強要などの罪で起訴した。2008年3月撮影(2014年 ロイター)

検察当局によると、劉漢元主席と弟の劉維(旧名・劉勇)の2被告はその他34人とともに1993年に犯罪組織を結成し、「膨大な数の犯罪活動を行った」としている。

新華社は、この犯罪組織が計9人を殺害したなどとした上で、「起訴された被告人らはまた、無数の方法で国家のために働いていた官僚らを引き込み腐敗させ」、自らの影響力の強化と拡大のために彼らを利用していたとした。

四川省に本拠を構える四川漢龍集団の元主席らが湖北省で起訴された理由は明らかではないが、新華社によると、起訴された事案の一部は湖北省での犯罪行為が対象となっているという。

四川省は、中国最高指導部の元メンバーで、汚職の疑いで調査を受けているとされる周永康氏の権力基盤。

四川漢龍集団からはコメントは得られなかった。

劉兄弟からもコメントを得ることはできなかった。

警察当局は昨年、犯罪活動に関わったとの疑いで、劉漢元主席を拘束し、劉維被告への調査を開始したと発表していた。

胡潤の2012年リポートによると、劉漢元主席は中国富豪ランキング230位となっている。

太陽光エネルギーや不動産、インフラ関連事業などを手掛ける四川漢龍集団は、劉漢元主席が1997年に設立した。現在でも、豪上場の鉄鉱石会社モリー・マインズMOL.AXの過半株式を保有するほか、サンダンス・リソーシズの筆頭株主となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below