February 25, 2014 / 12:36 AM / 5 years ago

ウガンダ大統領が反同性愛法案に署名、国際社会の批判を無視

2月24日、ウガンダのムセベニ大統領は、同性愛行為を厳罰化し、最高で終身刑を適用できるとする法案に署名した(2014年 ロイター/James Akena)

[エンテベ(ウガンダ) 24日 ロイター] -ウガンダのムセベニ大統領は24日、同性愛行為を厳罰化し、最高で終身刑を適用できるとする法案に署名した。法案をめぐっては、人権擁護団体や国際社会から批判の声が上がっていた。

法案では「悪質な同性愛行為」を行った場合は終身刑が科される。女性同士の同性愛行為や同性愛行為の成立への関与も違法とする。

ムセベニ大統領は国際社会からの批判に対し、欧米の生活様式を残念に思うが、それに関して「われわれが声を上げることはない」とけん制した。

大統領による署名を受け、ケリー米国務長官は声明で「支援プログラムなどあらゆる分野で差別反対の方針が守られ、われわれの価値観が反映されていることを確認するため」、米国がウガンダとの外交関係を見直すとした。

オーストリアはウガンダへの支援を再検討するとし、デンマークとノルウェーはウガンダ政府には支援資金を提供しないと表明した。

国連のピレイ人権高等弁務官は、同性愛への非難が基本的人権の侵害に当たると批判した。

同性愛はアフリカのほぼすべての国でタブーとされ、ウガンダを含む37カ国で違法とされている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below