February 26, 2014 / 7:38 PM / 5 years ago

ウクライナ南部クリミア半島で親ロ・親欧米派の小競り合い発生

[シンフェロポリ(ウクライナ) 26日 ロイター] -反政府デモにより政権が崩壊したウクライナで26日、ロシア系住民が多い南部クリミア半島で、親ロシア派と親欧米派の住民の小競り合いが発生、少なくとも1人が死亡、2人が負傷した。

2月26日、ウクライナ南部クリミア半島で、親ロシア派と親欧米派の住民の小競り合いが発生、少なくとも1人が死亡、2人が負傷した。写真はシンフェロポリで同日撮影(2014年 ロイター/Baz Ratner)

クリミア半島は旧ソ連がフルシチョフ政権時代の1954年にウクライナに譲渡。黒海沿岸のセバストポリにはロシアの黒海艦隊の基地があり、ウクライナのなかでロシア系住民が多数派を占める唯一の地域となっている。

このため、クリミア半島はヤヌコビッチ政権崩壊後の新体制に対抗する勢力の最後の主要な牙城となっており、新体制側は分離独立をめぐる動きなどに対し警戒を強めている。

こうしたなか、ロシアのプーチン大統領はこの日、ウクライナとの国境地帯を含むロシア西部の大部分を管轄下に置く西部軍管区で緊急軍事演習の実施、および戦闘対応能力の点検を命令。クリミア半島でさらに緊張が高まる恐れが出てきた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below