Reuters logo
豪成長率は第4四半期に加速、設備投資低迷も消費と輸出が寄与
2014年3月5日 / 00:56 / 4年後

豪成長率は第4四半期に加速、設備投資低迷も消費と輸出が寄与

[シドニー 5日 ロイター] - オーストラリアの2013年第4・四半期成長率は、設備投資が低迷したが消費の回復と原材料輸出の拡大で加速した。

統計局の発表によると第4・四半期の実質国内総生産(GDP)は、季節調整済みで前期比0.8%増、前年比2.8%増だった。ロイターがまとめたアナリスト予想は前期比0.7%増、前年比2.5%増だった。

AMPキャピタル・インベスターズのストラテジスト、シェーン・オリバー氏は「予想以上の伸びで、景気はおそれていたよりもやや強い。鉱業投資の減少を乗り切りつつあるようだ」と述べた。

GDP総額は1兆5500億豪ドル(1兆3500億ドル)で、人口1人あたり6万7065豪ドル(6万米ドル)。米国は5万3823米ドル。

純輸出はGDPを0.6%ポイント押し上げた。2013年通年では2.4%強。

家計消費は2年ぶりの大幅な伸びとなった。

最終消費支出はプラス0.7%、総固定資産投資はマイナス1.2%。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below