Reuters logo
日本の政策は他国への影響大、出口戦略は安易に語れない=麻生財務相
2014年3月5日 / 08:12 / 4年後

日本の政策は他国への影響大、出口戦略は安易に語れない=麻生財務相

[東京 5日 ロイター] - 麻生太郎財務相は5日午後の参議院予算委員会で、日本の経済・財政政策が他国に与える影響は極めて大きいとし、いま出口戦略は安易に語れないと述べた。

3月5日、麻生財務相は、日本の経済・財政政策が他国に与える影響は極めて大きいとし、いま出口戦略は安易に語れないと述べた。写真は昨年6月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

藤巻健史委員(維新)の質問への答弁。

麻生財務相は財政赤字が膨らむ中で日本の長期金利が低下していることに関連して「日本の国債はかなりの信用があるから買われていると思う」と指摘。日銀が買わなくなったらどうするのかとの指摘には「出口戦略については黒田東彦日銀総裁も具体的議論は尚早と言っていた。現時点で出口戦略について政府から答えることは差し控えたい」とした。

さらに「日本の経済・財政政策の他国への影響が大きいのは、米国のテーパリング(緩和縮小)でもはっきりしている。日本の一方的な話が他国に与える影響は極めて大きい。そういったものを十分に考え、米国などと緊密な連絡をとってやっていく必要がある。いま出口戦略を安易に語れるはずもない」と述べた。

石田仁志

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below