Reuters logo
ロシアの「侵略」、国内経済に極めて深刻な悪影響=ウクライナ首相
2014年3月5日 / 09:58 / 4年前

ロシアの「侵略」、国内経済に極めて深刻な悪影響=ウクライナ首相

[キエフ 5日 ロイター] -ウクライナのヤツェニュク首相は5日、ロシアの「侵略」がウクライナ経済に「極めて深刻な悪影響」を及ぼしているとの認識を示した。

3月5日、ウクライナのヤツェニュク首相は、ロシアの「侵略」がウクライナ経済に「極めて深刻な悪影響」を及ぼしているとの認識を示した。キエフで昨年12月撮影(2014年 ロイターGleb Garanich)

首相はロシア軍のクリミア半島占拠で観光収入が落ち込んでおり、国内情勢は依然厳しいと指摘。「ロシアのウクライナ領土への侵略で政治・経済に重大な影響が出ている。ウクライナ領土内のロシア軍の存在は、ウクライナ経済に極めて深刻な悪影響を及ぼしている」と述べた。

閣議の模様がテレビ放映された。

だが欧州連合(EU)はこの日、ウクライナに対し110億ユーロ(150億ドル)の支援提供の用意があると表明。国際通貨基金(IMF)も支援に向けて調査団を現地に派遣しており、ウクライナ政府は国際支援によりデフォルト(債務不履行)を回避できるとの自信を深めている。

ウクライナのシュラパク財務相は同日、ロシアから総額150億ドルの支援を受け続ける可能性を排除しないが、決定はロシア支援よりも好条件の支援をほかから得られるかどうかに左右されるとの考えを示した。ロシア支援がなくても財政危機を乗り切れるとの見方を示唆した格好だ。

3月5日、ウクライナのヤツェニュク首相は、ロシアの「侵略」がウクライナ経済に「極めて深刻な悪影響」を及ぼしているとの認識を示した。写真はキエフで2月撮影(2014年 ロイター/Konstantin Chernichkin)

ウクライナ当局者はこれまで、向こう2年間に約350億ドルの支援が必要との見方を示している。

ウクライナでは、年内に65億ドル程度の対外債務が返済期限を迎えるほか、経常赤字の補てんにも65億ドルが必要。さらにロシア産ガスの支払い10億ドルも滞納している。

ゴールドマン・サックスの試算によると、ウクライナ中銀の外貨準備は120億─140億ドルまで目減りしており、債務支払いで枯渇する計算だ。

ウクライナ政府は今週、歳出を最大16%削減するとともに、IMFからの支援獲得に向け、あらゆる支援条件に満たす考えを示している。同国はIMFから150億ドル以上の支援を期待している。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below