Reuters logo
英スタンチャートの通期は7%減益、「厳しい状況続く」
2014年3月5日 / 10:58 / 4年後

英スタンチャートの通期は7%減益、「厳しい状況続く」

[ロンドン 5日 ロイター] -英銀大手スタンダード・チャータード(スタンチャート)(STAN.L)が5日発表した2013年通期決算は、税引き前利益が前年比7%減の70億ドルとなった。

通期決算が減益となるのは10年ぶり。同行は2014年上期の収益も「厳しい」状況が続くと予想した。

同行は利益の90%をアジア・中東・アフリカで稼いでいる。

2013年のボーナス原資は前年比15%縮小し7億7200万ポンド(13億ドル)とした。

ピーター・サンズ最高経営責任者(CEO)は「2014年は緩やかな成長を予想している。市場とトレーディング環境は1年前よりも不安定で厳しい」との声明を発表した。

同行は昨年12月、韓国部門の損失、投資銀行収益の低迷、アジア経済の減速を理由に、通期決算が減益になるとの見通しを示していた。

同CEOは増資や減配は計画していないとも発言。先行きの見通しは厳しいが、「どのような基準でみても」資本は磐石との認識を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below