Reuters logo
ECB、利下げ・追加LTRO・量的緩和必要=IMF欧州局長
2014年3月5日 / 17:17 / 4年後

ECB、利下げ・追加LTRO・量的緩和必要=IMF欧州局長

[ブリュッセル 5日 ロイター] -国際通貨基金(IMF)のレザ・モガダム欧州局長は5日、欧州中央銀行(ECB)はデフレリスクの回避に向け利下げを実施し、追加長期流動性供給オペ(LTRO)もしくは量的緩和を実施する必要があるとの考えを示した。

同局長はブログで、インフレ率が非常な低水準となっていることは、貯金で暮らす人々には恩恵になるものの、現在の債務が拡大している状況を踏まえると、ユーロ圏の景気回復の足かせとなっていると指摘。

「ECBは政策がインフレ率低下の反転、デフレリスクの回避といった課題に沿ったものであることを確実にする必要がある」とし、「ECBは政策金利を追加的に引き下げることを検討する必要がある。さらに重要なことに、LTRO、もしくは量的緩和の実施を通して、ECBのバランスシートを大幅に拡大させる方法を探る必要がある」との考えを示した。

ブログはIMF欧州局副局長、およびシニアエコノミストのペリン・バークメン氏との共著。

ECBは6日に理事会を開く。

IMFのラガルド専務理事は3日、ユーロ圏経済について、低インフレの長期化で景気の回復が阻害される恐れがあるとの認識を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below