March 7, 2014 / 11:58 PM / 4 years ago

生産中の787型機の翼に細い亀裂、三菱重工が報告=米ボーイング

[ニューヨーク 7日 ロイター] -米ボーイング(BA.N)は7日、生産中の787型機(ドリームライナー)約40機の翼に「細い亀裂(ヘアークラック)」が見つかったことを明らかにした。

今後、納入に一部遅れが生じる恐れがあるとしつつも、今年の納入目標に影響はないとした。

    ボーイングによると、主翼を製造する三菱重工業(7011.T)が同社に問題を報告。調査や修繕に1─2週間を要するという。

    現在就航中の787型機の機体には同様の問題はなく、問題がある可能性のある航空機の納入は行っていないと強調した。

    ボーイングの今年の787型機納入機数目標は110機。現時点で9機を納入している。同社の広報担当は「今回影響を受けたとみられる約40機を除き、通常の納入を行う」と述べた。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below