March 10, 2014 / 5:17 AM / in 5 years

中国主席が米独首脳と会談、ウクライナ危機で政治的解決促す

3月10日、中国の習近平国家主席は、オバマ米大統領、メルケル独首相と電話で個別に会談し、緊迫化するウクライナ情勢について政治的な解決を促した。写真は2月、北京で代表撮影(2014年 ロイター)

[北京/ベルリン 10日 ロイター] -中国の習近平国家主席は、オバマ米大統領、メルケル独首相と電話で個別に会談し、緊迫化するウクライナ情勢について政治的な解決を促した。

また、すべての当事者が冷静に対応する必要があるとも述べた。

中国外務省の発表によると、習主席はオバマ米大統領との会談で「ウクライナをめぐる状況は極めて複雑。情勢の一段の緊迫化を回避するため、全当事者が冷静に対応することが重要だ」と強調。「危機解決に向け、政治、外交ルートを活用する必要がある」との見解を示した。

習主席は、状況改善につながる提案には「前向きに対応」するとし、米国を含む全当事者と緊密な連絡を維持するとも伝えたという。

中国側の別の声明によると、主席は独首相との会談では、ウクライナ情勢は「非常にセンシティブ」で、慎重な対応が必要と述べた。

ドイツのザイベルト政府報道官の声明によると、メルケル首相がウクライナの状況と、問題を政治的に解決するための取り組みについて説明。習国家主席も対話を通じた解決を望んだという。習主席はまた、国際法の秩序を基盤とした解決策が必要だとの立場を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below