for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボーイングのB─1爆撃機などに中国産資材、米国防総省調査で判明

[ワシントン 10日 ロイター] -F35戦闘機に中国製部品が使用されていたことを受けて米国防総省が調査したところ、ボーイングBA.NのB─1B爆撃機やロッキード・マーチンLMT.NのF─16戦闘機の一部にも中国製の資材が使用されていることが分かった。

国防総省高官がロイターに明らかにした。

国防総省の高官によると、レイセオンRTN.Nと日本が共同開発しているスタンダード・ミサイル─3 IIA(SM3 IIA)には中国産のチタンも使用されている可能性がある。同高官は、米軍需企業の管理の甘さが懸念されるとしている。

米国の法律は、武器メーカーが中国など一部の国の資材を使用することを禁止している。材料を海外に依存することが、将来、戦争が起こった際の米軍の対応力を弱めるとの懸念からだ。

国防総省シューマン報道官はロイターに対し、F35戦闘機に中国製部品が使用されていた問題を調査した結果、一部はリスクをもたらさないと判断し、使用を認めたことを明らかにした。

ロイターは1月、中国の軍備増強や情報収集に米高官から懸念の声が上がる中、国防総省が3920億ドル規模のF─35計画を進めるため、ロッキードに中国製磁石の使用を認めたと報道していた。

シューマン報道官はロイターに対し、エジプト向けのB─1BやF─16、SM3 IIAミサイルも、中国製品などの使用を禁止する規定適用外になっていると述べた。

禁止規定の適用免除がなければ、これらの企業は厳しい処分を受ける。ロッキード、ボーイング、レイセオンなどは、取材は政府にしてほしいと述べた。国防総省高官は、各社が資材調達手続きを関係規則の変更に対応して厳格化することを期待しつつ、適用除外にしたと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up