March 11, 2014 / 8:32 AM / 6 years ago

カナダと韓国、FTA締結で合意

[オタワ 11日 ロイター] -カナダと韓国は11日、自由貿易協定(FTA)締結交渉で合意に達したと発表した。カナダにとっては、アジア地域の国と初めて結ぶFTAとなる。

3月11日、カナダと韓国は、自由貿易協定(FTA)締結交渉で合意に達したと発表した。写真は握手を交わすカナダのハーパー首相(左)と韓国の朴槿恵大統領。ソウルで代表撮影(2014年 ロイター)

カナダ国際貿易省によると、韓国向け輸出は2012年に37億カナダドル(34億ドル米ドル)で、韓国からの輸入は64億カナダドルだった。

ただ、米国と韓国のFTAが2012年3月に発効して以降は、カナダの輸出は減少傾向にあった。

カナダと韓国のFTA交渉は2005年に始まったが、自動車の輸出や韓国によるカナダ産牛肉の輸入解禁などをめぐる対立から停滞していた。韓国は2012年に、9年間にわたる牛肉禁輸措置を解除した。

カナダは、FTA締結によって輸出が年間32%増加すると見込んでいる。韓国は輸出が20%増加するとしている。

韓国は、カナダからの輸入品の98.2%を対象に関税を撤廃する。カナダ政府は声明で、「韓国の関税は現在平均すると、カナダの関税の3倍になっているため、関税撤廃はカナダ企業にとって特に有益となる」とした。

米韓FTAで痛手を受けていたカナダの豚肉産業は、このたびのFTAを歓迎するとみられる。

一方、カナダで事業を展開する米フォード(F.N)などの自動車メーカーにとっては、韓国自動車メーカーからの輸入に課せられている6.1%の関税が3年かけて撤廃されることは懸念材料となりそうだ。

一部のメーカーは、韓国からの自動車輸入が大きく膨らむと懸念している。

カナダに進出している日本の自動車メーカーは当初、韓国とのFTAに反対を表明していたが、その後、カナダと日本のFTAにつながる可能性もあるとして態度を軟化させた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below