Reuters logo
アジア株が1カ月ぶり安値に下落、ウクライナ情勢でリスク志向後退
2014年3月14日 / 04:37 / 4年後

アジア株が1カ月ぶり安値に下落、ウクライナ情勢でリスク志向後退

[東京 14日 ロイター] -アジア株式市場は下落し、1カ月ぶり安値を付けた。ウクライナ南部のクリミア自治共和国では16日にロシア編入の是非を問う住民投票が行われる予定で、リスク志向が後退している。

3月14日、アジア株式市場は下落し、1カ月ぶり安値を付けた。写真は世界の株価を表示している電子ボード。都内の証券会社で2月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

堅調な米小売売上高や雇用関連統計により、連邦準備理事会(FRB)が段階的な緩和縮小の計画を維持するとの見方が強まった。また、13日に中国で発表された一連の経済指標が失望を誘い、一段の下押し材料となった。

MSCIアジア太平洋株指数(日本を除く).MIAPJ0000PUSは1.1%下落し、2月半ば以来の安値を付けた。このままいけば、週間での下落率は2%超となる見通し。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below