Reuters logo
ロシア中銀、主要政策金利を7%で据え置き
2014年3月14日 / 10:18 / 4年前

ロシア中銀、主要政策金利を7%で据え置き

[モスクワ 14日 ロイター] -ロシア中央銀行は、14日に開催した定例の金融政策理事会で、主要政策金利である1週間物入札レポ金利を7%に据え置くことを決定した。

3月14日、ロシア中央銀行は、定例の金融政策理事会で、主要政策金利である1週間物入札レポ金利を7%に据え置くことを決定した。モスクワのロシア中央銀行で2008年12月撮影(2014年 ロイター/Sergei Karpukhin)

ロシア中銀は約2週間前の3月3日には、ロシアからの資本流出を阻止するため、政策金利を150ベーシスポイント(bp)引き上げる大幅利上げに踏み切った。プーチン大統領がウクライナ問題をめぐって強硬な姿勢を崩さないなか、ロシアの資産が急落したことに対応した。

中銀は会合後「(ルーブル)相場のインフレへの影響を抑制し、金融の安定を維持することを最優先する」との声明を発表。「よって、向こう数か月以内に、政策金利を引き下げるつもりはない」と表明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below