Reuters logo
ロシア政府高官、経済は危機的状況と警告
2014年3月17日 / 08:34 / 4年後

ロシア政府高官、経済は危機的状況と警告

[モスクワ 17日 ロイター] -ロシア経済発展省のベリヤコフ次官は17日、地方のビジネス会議で、同国経済が危機的状況にあると警告した。

3月17日、ロシア経済発展省のベリヤコフ次官は地方のビジネス会議で、同国経済が危機的状況にあると警告した。写真はモスクワの外貨両替所前で2011年8月撮影(2014年 ロイター/Sergei Karpukhin)

次官は、ロシア経済が危機的状況にあるという「明確な兆候」があるとの見方を示した。

ロシア中央銀行は2月に発表した四半期金融政策報告書で、今年の成長率見通しを前回の2%から1.5─1.8%に下方修正した。

経済発展省がウクライナをめぐる緊張が高まる前に公表した今年の経済成長率見通しは約2%となっていた。

ロシアの市場参加者らは、同国がウクライナ南部・クリミア半島の住民投票を支持したことに対する西側諸国の制裁の全容が明らかになるのを見守っている。

ウラルシブのモスクワ在勤調査部門責任者、コンスタンチン・チェルニシェフ氏は、「人々が最も恐れているのは制裁だ。制裁の大きさと内容、それに金融システムや経済、市場、大企業がどのように影響されるかについて懸念している」と述べた。

多くのエコノミストは、ロシアと西側諸国との対立が原因で、ロシアがリセッション(景気後退)入りすると予想している。

VTBキャピタルのエコノミスト二人は、不透明感の強さと金融の逼迫(ひっぱく)で内需の伸びが止まり、2014年の第2および第3・四半期にかけて景気後退に陥る公算が大きいと述べた。

「われわれは通年の成長率見通しを0.0%に引き下げた。不透明感が長期間強いままで、厳格な制裁が発動された場合は、下方リスクがあるとみている」と指摘した。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below