Reuters logo
米マイクロソフト、レノボなど提携企業通じ中国でXPサポート提供へ
2014年4月10日 / 01:47 / 4年前

米マイクロソフト、レノボなど提携企業通じ中国でXPサポート提供へ

[北京 9日 ロイター] -米マイクロソフト(MSFT.O)は、パソコンメーカー、レノボ・グループ(聯想集団)(0992.HK)やインターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)など中国企業数社と提携して、同国国内の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」ユーザー向けにサポートとセキュリティサービスを提供する。

4月9日、米マイクロソフトは、中国企業数社と提携して、同国国内のOS「ウィンドウズXP」ユーザー向けにサポートとセキュリティサービスを提供する。シドニーで2001年10月撮影(2014年 ロイター/Will Burgess)

マイクロソフトは今週、XPのサポートとセキュリティーアップグレードを打ち切った。

中関村オンラインのまとめでは中国のXPユーザーは2億人で、市場全体の70%を占める、と新華社は報じている。

これらのユーザーへのサポートを継続するためにマイクロソフトはこの2社のほか、中国のインターネット企業、奇虎360科技QIHU.Nなど数社と提携し、情報保護やコンピューターのウイルス感染後の修理、新OS「ウィンドウズ7」「ウィンドウズ8」へのアップグレードなどのサービスを提供する。

テンセントはロイターに宛てた声明で、XP向けサポートを永久に無料で提供し、24時間対応のホットラインを2本設置したとしている。

奇虎はセキュリティサポートを提供するとともに、299元(48.25ドル)の料金でユーザーの新OSへの移行を支援する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below