Reuters logo
ECBにとってインフレは最も重要な判断材料=オーストリア中銀総裁
2013年7月8日 / 10:43 / 4年後

ECBにとってインフレは最も重要な判断材料=オーストリア中銀総裁

[ウィーン 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は8日、ECBが金融政策のフォワード・ガイダンスを導入したのは大局的見地からだが、インフレが引き続き中心的な要因だと述べた。

総裁は記者団に対して、「ECBにとって最も重要な判断の基準はインフレ率だ」と語った。

総裁はまた、オーストリアのような国が明確に成長を遂げているのに対して他の国はマイナス成長になるなどユーロ圏加盟国間で差異があることについて、これがなくなる兆しはなく、それ故に政策を時期尚早に変更してはいけないと指摘した。

「これはしばらく残るだろうと思う。つまり政策の解除を時期尚早にはできないということだ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below