Reuters logo
米アルコアの第2四半期決算、利益が予想上回る
July 8, 2013 / 9:45 PM / in 4 years

米アルコアの第2四半期決算、利益が予想上回る

[トロント 8日 ロイター] - 米アルミ大手アルコア(AA.N)が8日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。全部門で生産性が改善したほか、タービンブレードやトラックホイールなど利益率の高い製品を製造する部門が好調だった。

7月8日、米アルミ大手アルコアが発表した第2・四半期決算は、特別項目を除く利益が市場予想を上回った。写真は同社工場。昨年9月撮影(2013年 ロイター/Alessandro Bianchi)

同社はさらに、2013年の世界のアルミ需要は7%拡大するとの楽観的見通しを示した。

リストラおよび訴訟関連費用などの一時項目を除いたベースの利益は7600万ドル(1株当たり0.07ドル)。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめた1株利益予想である0.06ドルを上回った。

アルミ価格安が響き、売上高は2%減の58億5000万ドル。ただ、アナリスト予想の58億3000万ドルを上回った。

最終損益は1億1900万ドル(同0.11ドル)の赤字。前年同期の損益は200万ドルの赤字(1株当たりほぼゼロ)だった。

投資アドバイスを手掛けるアラン・B・ランズのプレジデント、アラン・ランズ氏は「予想よりもかなり良い数字だ。売上高が予想を上回った点が好ましい。見通しも現時点で良好だ」と語った。

アルミ業界の低迷によりアルコアの存在感はかつてほどではないものの、北米の決算シーズンの皮切りとなる同社の決算は依然注目されている。

    同社株は50年以上にわたりダウ構成銘柄だったが、構成銘柄中規模は最下位に近い。ダウ株価指数がここ1年で約18%上昇しているのに対して同社株は10%超下落した。

    決算を受け、米株式市場引け後の取引で、アルコアの株価は小幅上昇した。

    *内容を追加します。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below