July 16, 2013 / 1:02 AM / 7 years ago

B787発火事故、無線機の電池は米ウルトラライフ製=関係者

7月15日、ロンドンのヒースロー空港でエチオピア航空のボーイング787型機が発火した問題で、航空機用救命無線機に使用されているマンガンリチウム電池は、米ウルトラライフ製だった。写真は12日、同空港で撮影(2013年 ロイター/Toby Melville)

[ワシントン 15日 ロイター] - ロンドンのヒースロー空港でエチオピア航空のボーイング(BA.N)787型機が発火した問題で、当局が原因の可能性として調査している航空機用救命無線機(ELT)に使用されているマンガンリチウム電池は、米ウルトラライフ(ULBI.O)製だった。ある関係者が15日明らかにした。

これまでの報道では、ELTはハネウェル・インターナショナル(HON.N)製と伝えられている。

ウルトラライフのコメントは得られていない。

ハネウェルによると、同ELTにはマンガンリチウム電池が使用されており、2005年以降3000台が生産されているが、安全性に関する問題は報告されていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below