July 19, 2013 / 1:52 AM / 6 years ago

デトロイト市が財政破綻、米地方自治体として過去最大

7月18日、米ミシガン州のデトロイト市は、連邦破産法9条の適用を申請した。米地方自治体の財政破綻としては過去最大規模となる。同市内で2月撮影(2013年 ロイター/Rebecca Cook)

[デトロイト 18日 ロイター] - 米ミシガン州のデトロイト市は18日、連邦破産法9条の適用を申請した。米地方自治体の財政破綻としては過去最大規模となる。

ミシガン州のスナイダー知事(共和党)は、デトロイト市のケビン・オー非常時管理責任者から破産法9条による債権保全申請を承認したとし、「現在の債務からみて十分な歳入を得られておらず、申請をしなければ状況は悪化すると予測される」と指摘した。

知事は3月にオー氏を非常時管理責任者に任命。デトロイト市の長期債務は185億ドルと推計されている。

オー氏は6月、債権者に対して債務1ドルあたり0.01ドルを提供する再編案を提示したが、市の退職職員向けの2つの年金基金で主に構成される債権者はこれに難色を示していた。これらの年金基金は、非常時管理責任者による破綻申請を州知事が認める権限をめぐって、州裁判所に提訴。今後は破産裁判所でも当局と対峙するとみられている。

専門家によると、裁判はコストがかかり1―3年にわたる可能性があるという。

ホワイトハウスの報道官は、大統領と補佐官らは状況を注視していると述べた。

トムソンロイター傘下ミュニシパル・マーケット・データのアナリストによると、18日の地方債市場でデトロイト市債は、記録的な高利回りで取引された。2035年6月償還課税債は価格38.5ドルで利回り16%。5月中旬には76ドル、8.39%だった。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below