for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

青一色のスペイン「スマーフ村」、経済効果絶大で塗り直さず

7月23日、2年前に小さな青い妖精が活躍する映画「スマーフ」をPRするため、村の建物すべてが青く塗られたスペイン南部アンダルシア地方のフスカルが、青い村として継続することになった(2013年 ロイター/Jon Nazca)

[フスカル(スペイン) 23日 ロイター] - 2年前に小さな青い妖精が活躍する映画「スマーフ」をPRするため、村の建物すべてが青く塗られたスペイン南部アンダルシア地方のフスカルが、青い村として継続することになった。

プロモーターは2011年のイベント終了後、白に塗り直すことを約束。しかし、同村を訪問するスマーフファンらがもたらす経済効果が大きいことから、住民は青色のままにしてほしいと要望したという。

人口250人に満たないフスカルの村長は23日、「2年前に村が青くなって以降、約21万人の観光客が訪れ、その流れは止まっていない」とコメントした。

ソニー・ピクチャーズは、PRイベントの開催地としてフスカルを選定。同村ではイベント開催のため、教会や役場などすべての建物が青く塗られていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up