for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パナソニック、ヘルスケア事業の一部をコニカミノルタに譲渡

[東京 26日 ロイター] - パナソニック6752.Tは26日、医療機器を手掛ける完全子会社「パナソニックヘルスケア社」の超音波診断機器事業をコニカミノルタ4902.Tに売却すると発表した。

2014年1月1日付で譲渡する。売却額は非公表。同事業の人員は約200人弱だが、移管人数は今後詰める。コニカミノルタは、パナソニックの資産をベースに同事業の拡大を図り、2─3年以内に100億円規模の事業にすることを目指す。

同時にパナソニックはヘルスケア社の補聴器事業を来年3月31日付でグループ内移管すると発表した。パナソニック傘下で、固定電話やテレビドアホンなどネットワーク機器や公共システムを手掛ける子会社に移管する。補聴器事業の人員は約300人。

パナソニックはヘルスケア社の株式の一部売却を検討しているが、超音波診断機器事業はコニカミノルタに譲渡し、医療機器とのつながりの薄い補聴器事業はパナソニックグループに残すことになる。売却対象は、血糖値センサー、電子カルテシステム、バイオメディカ機器の主力事業が中心になる見込み。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up