Reuters logo
焦点:有罪確定のベルルスコーニ氏、土壇場から起死回生なるか
2013年8月5日 / 05:33 / 4年前

焦点:有罪確定のベルルスコーニ氏、土壇場から起死回生なるか

[ローマ 2日 ロイター] - 脱税で有罪判決が確定したイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ元首相(76)。同国で最も評価が分かれるベルルスコーニ氏だが、今回も逃げ切ることができるのか、それとも政治生命についに終止符が打たれることになるのだろうか。

8月2日、脱税で有罪判決が確定したイタリアのベルルスコーニ元首相。同国で最も評価が分かれる同氏だが、今回も逃げ切ることができるのか、それとも政治生命についに終止符が打たれることになるのだろうか。ローマで4月撮影(2013年 ロイター/Giampiero Sposito)

イタリア最高裁は1日、脱税の罪に問われたベルルスコーニ氏の主張を認めず、下級審が言い渡した禁錮4年(恩赦法で1年に減刑)の判決を支持した。同氏の忠実な支持者にとって最も衝撃的だったのは、同氏がいつものように「追跡」をかわすことができなかった点かもしれない。

メディア王で億万長者のベルルスコーニ氏は1994年の政界進出以降、数多くの訴追やスキャンダルを乗り越えてきた。しかし有罪判決の確定は、イタリアで最も裕福な1人で最も成功した政治家の同氏を最高裁がようやく捕らえたことを示し、不安定な連立政権にもショックを与えることとなった。

1日夜のビデオ声明では、ベルルスコーニ氏は青ざめ動揺した様子で、政治家としての人生が「終わりに近づいている」とコメント。過去のテレビ出演などで見せた冗談好きで明るい印象とはかけ離れていた。

最高裁が示した判断を受け、同氏は1年間の地域奉仕活動への従事または自宅軟禁の対象となる。また、選挙活動は禁止され、上院議員を失職する可能性も高いとみられる。

ただ、ベルルスコーニ氏が大きく傷ついたことには間違いないが、それでも致命的なダメージとはなっていないようだ。同氏の弟が所有するジョルナレ紙は、「ベルルスコーニはまだ終わっていない」との大見出しを掲載。また、59歳の男性支持者はロイターに対し、ベルルスコーニ氏が政界を去るのは「死んだ時のみだ」と語った。

<「迫害」を主張>

ベルルスコーニ氏はビデオ声明で、左派の判事らに迫害された「受難者」のイメージを強調。「文明社会では他に類のない司法的な迫害」を受けたと述べた。

ベルルスコーニ氏の元関係者は、同氏の政治生命が終わったかとの質問に対し、「ありえない。世論調査の発表を待てば、イタリア国民がどう受け止めているか分かるだろう」とコメント。「彼ら(イタリア国民)は受難者に同情する傾向がある。ベルルスコーニ氏は復活するだろう」と語った。

ボローニャ大学のジャンフランコ・パスクィーノ教授はロイターの取材に対し、「1年間の自宅軟禁はそれほど長くない。同氏は関係者との連絡を続ける」との見方を示した。

ベルルスコーニ氏は、「自由の戦い」を続けると表明し、過去に旗揚げした政党「フォルツァ・イタリア」を再結成する方針を明らかにしている。

<自宅軟禁>

しかし一方で、有罪確定が与える影響を軽視することはできない。ベルルスコーニ氏率いる自由国民党(PDL)は、同氏の資金力やカリスマ性、コミュニケーション能力に大きく依存している。自宅軟禁となれば、同氏のこうした影響力が限られる可能性もある。とはいえ、ベルルスコーニ氏が政界の最前線から離脱するとしても、PDLが同氏の持つイメージや中道右派勢力への指導力を利用しないということはないだろう。

ベルルスコーニ氏を研究するアントニオ・ジベッリ教授はコリエーレ・デラ・セラ紙に対し、「彼はあらゆる手段で犠牲者としてのメッセージを発するだろう」とし、同氏が政治活動を再開するとの考えを示した。

恐らく最も重要なのは、中道右派勢力にベルルスコーニ氏に代わる存在がいないため、同氏が政治家として生き延びる可能性があることだ。同氏は後継者の育成を急いでいたようにも見えない。これまでに同氏に対抗した右派や中道派の政治家は、モンティ前首相も含め、見事なまでに失敗している。

アメリカン大学ローマ校のジェームズ・ウォルストン教授は「中道右派はベルルスコーニ氏を必要としている。彼なしではやっていけない」と指摘。しかし同教授は、公の舞台から身を引くことが、ベルルスコーニ氏の心理的な衰退を加速させる可能性があるとの考えを示した。

前出のジベッリ教授は、ベルルスコーニ氏がイタリア社会において代替不可能な存在になったと指摘する。同教授は脱税で有罪となった人物は政界を去るべきだとした上で、「ベルルスコーニ氏はイタリアの政界にとって逃げることのできない主役」だと述べた。

(原文執筆:Barry Moody記者、翻訳:本田ももこ、編集:伊藤典子)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below