Reuters logo
シャープから出資要請はまだない、提携は深めたい=LIXIL社長
August 5, 2013 / 9:44 AM / 4 years ago

シャープから出資要請はまだない、提携は深めたい=LIXIL社長

[東京 5日 ロイター] -LIXIL(リクシル)グループ(5938.T)の藤森義明社長は5日の決算会見で、シャープ(6753.T)への出資について「まだ正式に要請を受けていないのでコメントは控える」と述べた。ただ「シャープとの提携は深めていきたい」とも語り含みを残した。

関係筋によると、経営再建中のシャープは、リクシル、マキタ(6586.T)、 デンソー(6902.T)との資本提携とともに公募増資の検討に入った。

同日の会見でリクシルの藤森社長は、シャープへの出資について「要請があったらきちんと考える。しかしまだ正式な要請はないので答えようがない」と話した。

一方で、リクシルとシャープは2011年8月、省エネ住宅向けの電材や建材を共同開発する折半出資会社を設立。すでに太陽光パネルを組み込んだ屋根を開発している。藤森社長は「これをますます強化するためにも、シャープとの提携は深めていきたい」と語った。

    藤森社長は、両社の水面下での協議について「シャープ再建の話はしていない。建材と電材の新製品をどう共同開発していくか、その市場がどう伸びて、われわれがどうやってその資金を出していくかという話をしている」と説明した。

    シャープ本体への出資については「白紙だ」と繰り返すとともに「彼らの財政問題と切り離して考えなくてはいけない」と指摘。「シャープの再建は私には興味がない」と強調し「救済」を目的とする出資には否定的な考えを示した。

    (ロイターニュース 村井令二)

    *内容を追加します。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below