Reuters logo
7月米ISM非製造業総合指数は予想上回る、新規受注の伸び寄与
2013年8月5日 / 15:22 / 4年後

7月米ISM非製造業総合指数は予想上回る、新規受注の伸び寄与

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が5日発表した7月の非製造業部門総合指数(NMI)は56.0と、3年ぶり低水準だった前月の52.2から上昇し、エコノミスト予想を上回った。新規受注の伸びが寄与した。

8月5日、米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業部門総合指数(NMI)は56.0と、3年ぶり低水準だった前月の52.2から上昇し、エコノミスト予想を上回った。写真はカリフォルニア州の住宅建設現場で3月撮影(2013年 ロイター/Mike Blake)

エコノミスト予想の中央値は53.0。予想レンジの上限も上回り、2月の数字と並んで年初来の高水準となった。

前週発表された7月のISM製造業景気指数が2年ぶり高水準となったことに続き、非製造業部門も堅調な数字となったことから、米経済成長が下半期に勢いを増すとの見方が強まる公算が大きい。

指数は50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。

新規受注は57.7と前月の50.8から大きく上昇し2月以来の水準となった。

一方、雇用指数は前月の54.7から低下し53.2となった。

新規輸出受注は49.5と前月の47.5から改善したものの、依然として50を割り込んでおり、外需が引き続き弱いことを示した。

輸入は50.5と前月の53.5から低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below