August 7, 2013 / 5:42 AM / 6 years ago

ケニアのナイロビ国際空港が大規模火災で閉鎖、消火活動続く

8月7日、ケニアの首都ナイロビにあるジョモ・ケニヤッタ国際空港が、早朝に発生した大規模火災により閉鎖された。写真は同空港で撮影(2013年 ロイター/Noor Khamis)

[ナイロビ 7日 ロイター] - ケニアの首都ナイロビにある東アフリカ最大の空港、ジョモ・ケニヤッタ国際空港が7日、早朝に発生した大規模火災により閉鎖された。火災の原因は不明で、今のところ負傷者は報告されていない。

当局者らによると、出発ラウンジの出入国審査エリアで出火し、国際線の到着エリアにまで燃え広がった。マイケル・カマウ運輸相は空港で記者団に対し、「われわれは依然として消火活動に当たっている。その間、空港は無期限で閉鎖する」と述べた。

またジョセフ・レンク内相は「消火活動が行われている間は、空港に近付かないでほしい。負傷者の報告はなく、消防士が全力で活動している。安全が最優先だ」とコメント。火災発生を受け、空港の警戒水準を高めたことも明らかにした。

空港は立ち入りが禁止されており、避難した乗客数百人が空港の外で待機しているという。

*内容を追加し、写真を差し替えて再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below