August 11, 2013 / 12:16 AM / 6 years ago

陸上=男子100mで桐生と山県が予選敗退、ボルトは準決勝へ

8月10日、陸上の世界選手権、男子100メートル予選では桐生祥秀(手前)と山県亮太が敗退した。モスクワで撮影(2013年 ロイター/Dylan Martinez)

[モスクワ 10日 ロイター] - 陸上の世界選手権は10日、モスクワで開幕。男子100メートル予選では17歳の桐生祥秀と、山県亮太が敗退した。

桐生は10秒31のタイムで2組4着。山県は10秒21で7組4着に終わった。

山県と同じ7組で走った世界記録保持者ウサイン・ボルト(ジャマイカ)は10秒07で同組1位となり、11日の準決勝に進出。「自分の走りに満足している。予選だったので力を抜いて走った」と述べた。

ボルトは韓国の大邱で行われた2011年大会の100メートル決勝ではフライングで失格に。この日は隣の選手がフライングで失格となったが、「その影響はなかった。今は集中できている」とコメント。

「世界選手権の開幕に興奮している。この瞬間が来るのを楽しみにしていた」と、王座奪還に意欲を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below